西大泉呼吸器科内科クリニックは、日曜日、午後14:00~18:00まで診療。CTスキャン・超音波診断・内視鏡(胃カメラ)

ごあいさつ

  • HOME »
  • ごあいさつ

[ 院 長 ]

平成元年10月から練馬区の大泉に住み始めまして平成10年7月1日に西大泉で呼吸器科、内科、外科、放射線科のクリニックを開業いたしました。
最近には施設が手狭になり、診療スペースの確保と災害時にも普通の医療が提供できるようにと考え、平成29年10月15日に現在の場所に移転し、新規開業いたしました。
クリニックの入口までは車イスにも優しいスロープをつけ、扉は自動ドアにし院内には体の不自由な人用の広いトイレも用意しました。これからもこの地域の医療、保健活動に努力致しますので皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

院 長 相馬信行

プロフィール
昭和24年、北海道生まれ。東京都中野区の小、中学校、練馬区の私立武蔵高校を経て福島県立医科大学を卒業。北里大学外科、救急センターに勤務。国立療養所東京病院を経て、医療法人財団東大和病院呼吸器科部長、同院長を経て開業。

[ 副 院 長 ]

練馬区北西部に移って以来、30年ほどが経ちました。
医師としては、北里大学医学部を卒業後、初期研修より御茶ノ水の順天堂医院の所属となりました。呼吸器外科を中心として、呼吸器内科、消化器外科、緩和医療やプライマリ・ケア(初期医療)に携わってきました。大病院では専門分化が進んでおり、患者さんそれぞれの抱える疾患に対して、多数の医師が関わらざるを得ない状況となっています。そのような現場での経験を生かし、小さなクリニックならではの、患者さんを全人的に診る医療を実践していきたいと思います。
地元育ちの医師として、近隣の方々の医療に対し貢献ができれば幸いです。よろしくお願いいたします。

副 院 長 相馬信吾

プロフィール
昭和52年、神奈川県相模原市生まれ、4歳で東京都に転居し、東京都清瀬市立第6小学校、練馬区立大泉西中学校、都立大泉高等学校、工学院大学工学部応用化学科を卒業ののち、北里大学医学部に学士編入。
順天堂医院で初期研修終了後に順天堂大学呼吸器外科教室に入局、順天堂浦安病院、順天堂静岡病院を経て、がん研究センター中央病院病理科に国内留学し博士号取得、四日市社会保険病院を経て、順天堂練馬病院に赴任し、現職に。